So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

明日に向って斬れ! 舞台裏 [10神actor]

火アリ、火アリ言ってる間に、公式で、中島くんの おゆうちゃんがUPされてた。

初全国ネットのスッキリでは残念ながら、あまり目立たなかった おゆうちゃんですが。

16歳、男子!お色気頑張りましたっ!!

って記念に貼っておきます。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キミの名前を呼んだ後に [火アリ]

火アリ カテ作っちゃった~。

ハマり過ぎw

あくまで御本人達ではなく、火アリのキャラクター萌えです!

もちろん、アリスの役が く ぼ たサンじゃなきゃ、ここまでハマってない事も確かですが。

良いコンビとか元々好きなんですよね~。

時折、殺人に恍惚となる ひーちゃんを止めてくれるのはアリスだけだし。

信頼してる感じも好きだし、ただ立ってるだけの雰囲気も好きだし。

同級生の役なのに、実年齢が7歳離れてるのも、微妙に力関係が画面に現れててそこも萌え。

で、私は名前の呼び方とかも萌えポイントの一つなので。

ひーちゃんが、アリスって呼ぶのも(名前じゃなく名字の略称らしいが...)

他人に有栖川って紹介するのも(まあ、初対面の相手に略称で紹介しないわな)

すっごいツボなんです。

いや、萌えポイントじゃなく、普通の事って分かってますよ?

でも、役の上でも「うちのアリス」とかって言う時に、何か特別感が凄くて。

「出掛けるぞ、アリス」

「アリスどうする?」

「アリス、座ってみろ!」

さいとーサンって、普通にしてても艶っぽい方なので、名前を呼ぶだけで、何かエロいと言うか、意味ありげに聞こえる。←病気

苗字の略称と名前が同じな名前の設定がいいんだね。

それくらい私にとって、相手の名前をどう呼ぶか...は、特別な事なんです。





続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キミの頭を撫でて キミが笑って [火アリ]

あえてドラマ感想カテではなく、好きアピで。(あ、火ありカテ作りました)

感想は...なんと言うか、推理としては軽めのものだった。

けどっ、火村とアリスのキャラクター萌え女としては、かなり楽しめる回でした。

なんでこんなにハマっちゃったかな~?と考える。

うん、やっぱり2人が並んで立ってる時の空気感としか言いようがない。

なんだろう?

もう並んで立ってるだけで、お互いを信頼してるのが分かる感じとでも言うか。

Twitterでも書きましたが、このドラマを見ると様々なシーンで様々な曲が脳内に流れて来ます。

2人の表情、立ち姿、空気が、様々な曲の歌詞とシンクロして来るんですよ。

アリスのキャラが最上級に好きだけど、それはアリスだけじゃなく火村のキャラ有りきと言うか...。

火村の、無表情のまま面白い事を言う感じのキャラクターとか凄い好きだし。

アリスの天真爛漫な感じもツボ。

...で、尚且、2人ともどこか陰を秘めてるとことか。

細かい事を言えば、火村がアリスの頭を撫で撫でするシーン。

何でもかんでも、頭撫でてりゃ萌える訳じゃないですよ?

壁ドンも相手によりけり...と同じく、私にとっての頭なでなで萌えポイントは

火村の手がおっきくて、アリスの頭がちっちゃい上での頭なでなでに萌えます。

...手フェチですから。。。アリスのヲタでも火村有りきな訳です。
BeautyPlus_20160204173954_fast.jpg

さて、次回は火アリ ヲタにとって伝説の回となるのか?(原作では新婚ごっこ)

それとも、腐女子の妄想を軽く超える事をして来た公式が、ここに来て新婚ごっこを、さっくりカットするのか!?

推理も少しは楽しみにしてやれよ!自分!

って事で、ドラマはワンクールで終わるので、みっちり火アリに漬かってるわたくしでした。


臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート ロシア紅茶の謎【新装版】 (あすかコミックスDX)

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート ロシア紅茶の謎【新装版】 (あすかコミックスDX)

  • 作者: 麻々原 絵里依
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2013/02/21
  • メディア: コミック



臨床犯罪学者・火村英生の推理 III  ダリの繭(上) (角川ビーンズ文庫)

臨床犯罪学者・火村英生の推理 III ダリの繭(上) (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/05/31
  • メディア: 文庫



臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究I【新装版】 (あすかコミックスDX)

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究I【新装版】 (あすかコミックスDX)

  • 作者: 麻々原 絵里依
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/09/24
  • メディア: コミック



nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

尾崎支配人が泣いたあの夜の出来事 [指原莉乃]

感想...書けない...

ネタバレになるからとかじゃなく、盛り沢山過ぎてどこから書いたらいいのか分からない。

ただ、人それぞれでしょうが...泣きっぱでした。

一喜一憂。

嬉し涙を流すメンバーの向こうで、悔し涙を流すメンバー。

仕方のない事とはいえ、切なくて涙が止まらなかった。

サッシーも難しかったと思う。

普通の監督なら「俺の映画だ!」と一蹴出来る事も、監督兼メンバーなだけに、クレームを受けなきゃいけない。

でも研究生まで含めて、全員に同じ時間を振り分けるのは無理だし。

もう何を言われても、仕方のない事って割り切ってくれるといいな。

そんなに推しメンだけの映画が見たきゃ、自分が有名な監督になって撮ればいいさ。

でも、出来るだけ編集するうえで「必要だけど入れる事が出来ない」事情とかも説明してくれてて、サッシーなりの誠意を感じたな。

あと、武井さんのシーンは、私には必要だった。

泣きっぱだったから、いい箸休めになりましたw

そして、尾崎支配人が泣いたあの夜の出来事も。

あれも見れて良かった。

ネットニュースとかでサッシーの発言が取り上げられてたけど。

やっぱり、文章では伝わらないニュアンスってあるんだね。

想像した感じと全然違った。

想像以上にサッシーが皆に伝えるのに緊張してて、ピリッとしてて。

尾崎支配人が泣いて。

大人の男の人が声を押し殺して泣いて...それ程の事だったんだと2度ビックリ。

もう1回劇場でも見たいけど、自宅でゆっくり見たいなぁ。

あ、あと...ネタバレになるのかな?

秋元先生の意見があんなに華麗にスルーされるなんて...選抜の裏側見れて面白かった。

秋元先生って絶対的存在じゃないんだねw




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピアチェーレで ぼっちごはん [日記]

わったんの近くのピアチェーレに行って来ました。

カウンター席のあるイタリアンで、1人でも入りやすいと感想があったので。

で、感想は、お味もだけど、店員さんの対応が凄く感じ良かった。

入った時に、他のお客さんがいなかったので

「お好きなお席にどうぞ」

と、案内してくれました。

もちろん1人なので、カウンターに行きましたが、そう言ってくれる心遣いが嬉しい。

他のお店だと、誰もいなくても「こちらへどうぞ」ってカウンターの端っこ指し示される事が多いので。

そう言うお店は、帰る時までガラガラ祭りだけどw

で、カウンターのお席が、他の席から死角っぽくて、快適。

でも、店員さんからも確実に死角なのに、絶妙なタイミングでお料理が運ばれて来て、どこかにカメラでもあるのかな?と思う程の心遣いでした。

今日は、ランチ+デザートで1,580円(税別)

前菜は、大根のアンチョビソースかけと、キャベツのオムレツ、生ハムのサラダ。

生ハム好きなので嬉しかった~。
イタリアンパセリとピーマン苦手だけど、シャキシャキで歯触り良くて平気だった。
BeautyPlus_20160130113934_fast.jpg

パスタは選べるけど本日のパスタで。
今度はクリーム系も食べてみたい。
BeautyPlus_20160130120129_fast.jpg

デザートは、カタラーナとレモンのタルト。
BeautyPlus_20160130120526_fast.jpg

予約限定で4月まで企画のコースもあるようですよ。
BeautyPlus_20160130120153_fast.jpg

しかし、店員さん3人、みんな感じ良い所って珍しいなぁ。

今度は友達と来て、ピザをシェアしたいな。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -